スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

姫路城へ

►2011/05/30 22:59 

城崎温泉を出て、今度は姫路城へ。


いつかは行ってみたかった世界遺産の姫路城

姫路はいつも新幹線で通り過ぎるだけで降り立ったことはなかった。
大阪に住んでいた時も結局足をのばさなかった。
この度やっとこさ実現した姫路城見学。

残念ながら一部工事中ではあったが、大満足の見学となった。


行ったのは随分前になるが4月上旬。
ちょうど桜の咲くころでとても美しかった。

↓↓↓大きな芝生広場(三の丸広場)
DSCF1075.jpg

広場をぐるりと桜がおおっていて、桜の木の下でお花見している人が多かった。


↓↓↓三の丸広場から姫路城入り口へ
DSCF1074.jpg

↓↓↓姫路城入り口
DSCF1081.jpg

入り口部分から「なんとまぁご立派な門だこと!」と魅入ってしまった。

↓↓↓城内は桜、桜、桜。
DSCF1082.jpg

↓↓↓残念ながら改修工事中で全貌が見られなかった姫路城
DSCF1079.jpg

↓↓↓本来ならばこんな感じ
275px-Himeji_Castle_The_Keep_Towers.jpg

写真はWikipediaより。

↓↓↓姫路城の絵が描いてあった
DSCF1091.jpg


残念ながら外から全貌を眺めたり、中に入ることは出来なかったが、
天守閣部分を目の前で見ることができた。

改修工事中、城の横に8階建てくらいの大きな見学棟が出来ていて
見学棟の方から城の外壁部分を間近で見ることが出来た。

普通だったら見上げるだけの部分を目の前で見られたので、
それはそれでラッキーだったのかな、と思った。

↓↓↓100間廊下(200メートルくらい)
DSCF1094.jpg

城を囲むように、ぐるーっと続いていた。
廊下横には6~10畳くらいの部屋(待機中の家臣の待機部屋?)が沢山あった。



城は大きくて、美しくて、とてもすばらしかった。

今まで行ったどの城よりも美しかった。

工事が終わったらまた是非とも行きたいと思う。


姫路城見学のあとは倉敷へ。

テーマ : 兵庫県 - ジャンル : 地域情報

国内旅行Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

コメント

百間廊下の部屋は千姫の女中の部屋だったそうです。
*千姫:家康の孫、つまり秀忠と大河でやっている江との間の娘です。秀頼と婚姻した後、大坂の陣で家康軍に救助されますが、ご存じの通り豊臣家は敗北。その後、姫路城主の本多さんと再婚しますが、本多さんも若くして死去。


No:2648 2011/06/06 23:42 | 備中まん #HfMzn2gYURL[ 編集 ]

備中まん さんへ

こんにちは。丁寧な解説ありがとうございます。
そうでした、そうでした。そういえば千姫のことが書いてあったパネルがありました。
百間廊下にはかなりの数の部屋があった気がします。
侍女、多いですねぇ。さすが“姫”ですね。


No:2650 2011/06/07 12:04 | もろあい #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。