海の中道海浜公園 春

►2011/06/24 22:19 

写真を整理していたら、4月下旬に行った
海の中道海浜公園での出来事を記事にし忘れていたのを思い出し、
せっかく撮った写真もあるし、と
思い出しながら書いてみることにした。


4月下旬は色とりどりのチューリップが沢山咲いているし、
寒くないし暑くもない、という一番いい季節。

↓↓↓蒸し暑い今見ると、かなーり暑苦しい格好の姫
DSCF1200.jpg


今回の目的はチューリップではなく、
ブルーの花(何ていう名前だったっけ・・)の花畑。

海の中道海浜公園の広告を見たら、
ブルーの花が一面に咲く写真が載っていた。

これは美しい~と思い、入場口から目的の花畑へ。


あれ?ちょうど見ごろのはずなんだけど??
↓↓↓期待はずれの花畑
DSCF1216.jpg

まばらで地面は見えてるし、ブルーだけでなく
ピンクや紫の花も混ざってる・・。

↓↓↓ちょっと遠くから見れば広告の写真に近くなるかな
DSCF1214.jpg


あぁ、残念だったなぁ、と思いながら
ブルーの花がぼちぼち咲いているエリアで
カメラを花に近づけて撮影。

花はすごく小さくて、ヒザよりもかなり低い。

↓↓↓なるほど、広告もこうやって撮影したのね。
DSCF1225.jpg

一面ブルーの花畑、ってのはカメラの中だけで体感出来た。



とりあえず目的は達成出来たので今度は姫に付き合って遊具で遊んだ。
あ、もちろん付き合ったのは旦那だけど。

↓↓↓なっかなか飽きない姫
DSCF1219.jpg

あんまり公園連れていってなかったから仕方がないんだけど。

親の方が飽きて、なんとかなだめて
他の遊具へ行ってみよう、とここを後にした。

↓↓↓近所の公園にはない遊具に興味津々
DSCF1246.jpg

親の手を借りずともこんな遊具でも遊べるようになったんだなぁと思った。

ここにあったブランコや滑り台、いろんな遊具で夢中で遊ぶが
お昼寝をしそびれた姫はとても眠たい。

眠そうだし、時間的にも帰る時間になって「帰るよ~」と声をかけた。


すると・・・

あぁ、やっぱり始まっちゃった。
“泣き”のスイッチが入ってしまったのだ。

↓↓↓「まだ遊ぶー!」と抵抗中の姫。転んだわけではない。
DSCF1252.jpg

「おばあちゃんちに行こう」「ジュース飲みに行こう」「車に戻ったら御菓子があるよ」
何を言ってもダメ。

最終的には自分が何で泣いてるのか分からないくらいに
ドロドロに泣いてしまって、
旦那に抱えられながら強制退去。


あぁいつまで泣き続けるのか・・と思っていたが、
通りかかった自販機で買ったジュースを渡したらピタっと泣き止んだ。


↓↓↓こんな風に同じ種類をまとめて植えてあるのもいいが
DSCF1233.jpg

↓↓↓寄せ植えの様な花壇もいい感じ
DSCF1244_20110624214922.jpg



私は土いじりに全く興味がない。
観葉植物もほとんど枯らしてしまうし、
来客がない限り花を買って飾ることもない。

ベランダ菜園もやりたいとは思わないし、
マイホームを検討する際も「(木々の沢山ある)庭、いる?」という会話が出るほど。

しかし、花を見るのは好き。
桜や藤、菖蒲、つつじ、あじさい、などなど季節の花々が
一面に咲く花畑を見に行くのは毎年見ても飽きない。

ようするに、花を見るのは好きだが世話はちょいと面倒、ということ。
虫も寄ってくるし。

義母は玄関先や庭で植物を沢山育てている。
実家の父は庭でトマトやきゅうりなど家庭菜園を楽しんでいるし、
芝生も自分ではってるし、草むしりも好きらしい。

よく行き来するブロガーさん達の中には
沢山の花や野菜を育てている方が結構いる。
とても楽しそうだし本格的。
丹精込められた植物を見ては「すごなぁ、いいなぁ」と思う。

知人が、子育てが終了した時にふと庭いじりがしたくなった、
今まで興味もなかったのに、と言っていた。


炎天下の中、暑さと虫と戦いながら庭いじり・・

私もこれから先の人生の中で、
ふと「ガーデニングとやらをやってみたい!」と思うかしら??





テーマ : 福岡 - ジャンル : 地域情報

国内旅行:九州Comment(0)Trackback(1) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011/06/25 | 簡単ベランダ家庭菜園 |

初心者でも簡単においしい野菜が作れます!

3分でできるこの方法を使うと、どんな場所でも今すぐに野菜作りが楽しめます!野菜作り一筋30年のプロ中のプロが、今までの常識をくつがえす、たった3分でできる、あまりにも簡単な家庭菜園方法をお教えします。

 | Blog Top |