またまたまた結婚式 in城崎温泉 ①

►2011/10/30 18:13 

先日、この秋3度目の結婚式にお呼ばれして参列してきた。

招待を受けたのは妊娠が発覚してまもなく。
2時間くらいで行けるところならば何の躊躇もなく
出席の返事をだすところだが、
何しろ今回の披露宴会場は兵庫県の城崎温泉。
兵庫県の日本海側にあり、新幹線で博多から姫路まで行って
レンタカーか在来線に乗り換えるしかない。

空路もあるが(福岡⇒伊丹⇒但馬)
便の乗り継ぎがうまく行きそうになくて断念。

果たして6時間くらいかかる場所へお腹が大きい状態で行けるのか?と
思っていたら、旦那が

 『荷物もちと子守で付いていってあげるから、
  とりえず出席の返事だしたら?』

ありがた~い提案をしてくれたので

とりあえず出席の返事を出して、最終判断は
医師の許可が出たらするということにした。

結婚式は土曜日。
旦那には金曜お休みをとってもらって
前日入りして当日泊もして2泊3日の家族旅行のようにして行くことにした。


幸い経過も順調で、医師の許可もかなりアッサリ出たので
張り切って行って来た。


◆披露宴前日◆


姫を午前中だけ幼稚園へ行かせ、12時半すぎに家を出発。
現地に到着したのは18時50分。
所要時間は6時間ちょい

博多から姫路までは新幹線で2時間15分くらい。
その後レンタカーに乗り換えて2時間半かかった。
普通は2時間くらいで着くらしいが、
金曜の夕方だったので渋滞していたから結構時間がかかってしまった。

6時間かかりはしたが、そんなにきつくなかった。
新幹線の中では姫と旦那は楽しくラブラブな時を過ごし、
私はのんびり過ごした。

レンタカーの中では姫は夕寝し、
私と旦那は久しぶりにゆっくり会話を楽しめた。

宿泊したのは城崎温泉の御三家と言われる旅館の1つ
西村屋の新館(招月庭)。
http://nishimuraya.ne.jp/shogetsu/

今回はそんなに贅沢をするつもりもなかったのだが、
お腹も大きいし、披露宴会場のホテルに宿泊するのが一番楽だろうということで
ここに泊まることにした。


城崎温泉は7つの外湯があって、この湯めぐりをするのが楽しいのだが
今回姫と旦那はホテル内の大浴場だけに入った。

2泊3日の間に、旦那と姫は少なくとも5回は入っていた様だ。

朝食後、部屋に戻る前にひとっぷろ。
出かける前にひとっぷろ、という具合に。

脱衣場に、お茶やオレンジジュースが自由に飲めるようになっていた様で、
姫にはそれも大きな魅力だったのかもしれない。

私だったら、夜中のお漏らしを考えたり、次の食事までの時間を考えたりしながら
量を調節して与えるが、
きっと旦那は姫に好きなだけ注がせただろうし。


食後、同じく前日入りした友人達が私が宿泊したホテルに会いに来てくれた。
翌日もあるから、と早くお開きになったが
とても楽しいひと時を過ごせた。

友人達と別れて部屋に戻ると・・・

姫と旦那は布団の上でポテトチップを広げ、
するめを寝転がりながら食べていた。

家では絶対に許されない行為。
そんなことをしようもんなら、ソッコーで
 『こらー!ベットの上で物を食べない!寝転んで食べたらダメでしょ!』と
怒鳴り声がふってくる筈。


旦那も姫もバツの悪そうな顔をして
 『あら、お母さんもう帰ってきちゃったね。』
 『お母さん早かったね。』と

慌てて広げたポテトチップスの袋を布団から下ろした。


あんたたちーーーー 



まぁ、父娘でいる時は多分終始そんな感じなんだと思う。
「お母さんにはナイショね」が合言葉なんじゃないかな。




メインの披露宴の話はまた次回。


★★★ おまけ ★★★

↓↓↓新幹線で移動中の姫
DSCF1888.jpg

旦那と姫はほんとに仲良し。

行きの新幹線では、姫と旦那はずっとジャンケンをしていた。
途中姫が眠そうに旦那のヒザでうとうとした3,40分を除いて
ひたすらジャンケンをしていた。

ジャンケンをして勝ったら相手のほっぺをつまんで、
3回勝ったら「たーてたーて、よーこよーこ、まーるかいてちょん」と
顔をつねるゲーム。

ジャンケンの意味がやっとわかった姫にはとても楽しいゲームだったらしい。
ただ、姫は口でジャンケンをすることは出来なので
どちらかが2回勝ったら顔をつねっていた。


帰りは、広島から博多までの1時間20分、
ひたすら
「一本橋、こーちょこちょ、たたいて、つねって、階段のぼってコチョコチョコチョ・・」
という手遊び。

一本橋から始まって、二本橋、三本橋・・と続き
五本橋までいったら、また最初から。

いいかげんにして、とこちらがうんざりくるくらいに繰り返した。

一緒に下車した隣の席のおばさんに
 『しばらく頭に“いっぽんばーし・・”ってまわってそうです(笑)』と
言われてしまった^^;


姫にはとっても楽しい時間だったようだが、
旦那はよく付き合ったなぁと感心してしまった。

旦那くん、ご苦労様^^

テーマ : 披露宴 - ジャンル : 結婚・家庭生活

国内旅行Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

コメント

結婚式を兼ねたプチ旅行、いいですね~。
電車の中でずっと姫ちゃんの相手をしていたなんて、
ご主人さま、えら~い。
うちだったら、たぶん、このあと運転あるから寝る!!とか言い出しそうです。
お疲れ様でした~。


No:2725 2011/11/01 05:03 | あきぼ #-URL[ 編集 ]

あきぼ さんへ

帰りの新幹線では主人も寝たかったみたいですけど、
チビが寝せなかったというか・・。
ヒザの上にのぼったり飛んだり、顔にちょっかい出したり。
目を閉じてたら両手で目をこじ開けてましたからね。

旅行、次の旅行はいつになるかしら。
子供2人連れて旅行に行こう!という気力が出てくるのはいつになることやら。
あきぼさんのところは3人!
準備等、出発するまでに目が回りそうです。


No:2726 2011/11/04 20:02 | もろあい #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |