またまたまた結婚式 in城崎温泉 ②

►2011/11/04 21:00 

片道6時間かけて出席した結婚式について。
前回のつづき。


新婦は元会社同期。
城崎温泉の駅前一等地でお土産屋を営み、
その横にカフェもオープンさせた実業家。

その彼女が城崎温泉の老舗旅館へ嫁ぐことになった。
そう、“女将” になるのだ。

とても華やかな彼女だが、和装も似合い、
社交的でもあり英語も堪能な才女。
なんとも女将に適任な女性なのだ。

今回は披露宴会場に宿泊したが、次回城崎温泉へ行く時は
彼女の嫁ぎ先に泊まりたいと思っている。


ではでは披露宴当日のことへ。

披露宴ではマタニティドレスをレンタルして着た。
黒やグレーなど地味なのしかなかったが、
お腹まわりもスッキリと収まり、前身ごろも上がらなくてなかなかよかった。

↓↓↓当日の私
DSCF1764.jpg

新婦のお姉さんは元ウエディングプランナー。
衣装もお花もお姉さんの知り合いが手がけてくれたらしい。

↓↓↓高砂のお花
DSCF1826.jpg

↓↓↓テーブルのお花
DSCF1795.jpg


↓↓↓ケーキカット
DSCF1832.jpg


彼女はとても目が大きくて顔のつくりが派手。
だからこそ出来る衣装と髪型と花飾りだった。

ドレスは質のいいシンプルなもので、髪型もシンプル。
それが彼女の本来もつ華やかさを引き立てた。
そして、頭の半分を覆う花。

いやぁ、この量の花を飾れるのって一般人じゃ彼女くらいなんじゃないかと思った。

DSCF1823.jpg


お色直しに出たきり、なかなか戻ってこないなぁと思っていたら、
和装で出てきた。
大きな柄の着物で、とても印象的なものだった。
和装なのにドレスの様な感じがした。

↓↓↓和装にチェンジした新郎新婦
DSCF1838.jpg

↓↓↓お料理も美味しかった
DSCF1837.jpg


2次会も披露宴があった宿泊ホテル内。
ということで、一度部屋に戻って少し横になってから戻ったり出来たし
楽チンだった。

1F大浴場も近くて、2次会途中で風呂上りの姫が
乱入してきたり・・というのもあったが
2次会もとても楽しかった。


2次会で新婦が着た衣装は、海外のお店へネット発注したオーダー品で
お姉さんからのプレゼント。

↓↓↓2次会の新婦
DSCF1856.jpg

なんと、送料を入れても2万円しないと言っていた。
(1万5千円っていってたっけ・・忘れちゃった)


いつか是非ともその店で!と意気込んだが、
英語で発注しないといけない、ということと、
インチに換算してオーダーしないといけない、という手間を考えると

やっぱり日本のものでもいいかな??
なんて思ってしまった(苦笑)

二次会で、お友達が「NHKの“プロフェッショナル”」という番組のパロディで
300年の歴史ある老舗旅館を継いだ新郎を主役にして作ってくれていたものが
上映された。

かなり完成度の高いもので、とても面白かった。



笑いあり、涙ありのとても充実した挙式・披露宴・2次会だった。


人に頭をセットしてもらい、いつもよりも念入りに化粧をし、
着飾って、自分のペースで食事をする。
家のことを一日しないで自分のことだけでよかったこの日。

リフレッシュ出来たなぁ。


ほんと、旦那くん、ありがとう。




★★★ おまけ ★★★


今回、私の様に家族連れで披露宴に参加した同期は6組。

披露宴の翌日、チェックアウトを済ませたそぞれの家族が
新婦が営むカフェへ集った。

オシャレなカフェは一気にファミレスへ・・。

子供があっちへ走り、こっちへ走り。

それぞれの旦那は子守。
そして私達は貸切状態の店舗内に響く声で
ギャーギャー同窓会。

ほーんと楽しかった。



知り合って13年。
一緒に仕事をしたのはそのうちの1/3くらい。

なんか年々仲良くなっていっている気がする。
すごいつながり。

これからもよろしくね^^
11期バンザイ!


テーマ : 結婚式 - ジャンル : 結婚・家庭生活

国内旅行Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

コメント

お疲れさま

もろあいさん、お疲れさまでした。
大きいお腹を抱えて、長時間の移動は大変だったでしょうね。旦那様、優しいですね~。
それに、新婦さんの美しいこと!
お花がとってっも美しくて、うっとりですね。
もろあいさんのドレス姿もシックな感じがすごく素敵でしたよ~。

たまには、家事や育児を忘れて、おしゃれして美味しいものを食べるって必要ですよね。
これで、また家族に優しくなれますよね。


No:2727 2011/11/05 15:43 | アイスベア #dvUYBDnYURL[ 編集 ]

アイスベア さんへ

新婦はほんとに美しくて、顔を公開出来ないのがとても残念です。
ほとんど家に花を買って活けることががないので、
キレイな花が沢山目の前にあるだけで優雅な気分になれます。

家事を忘れてオシャレして、優雅にナイフとフォークで食事なんて、次回は1年後くらいかしら。。


No:2728 2011/11/08 16:18 | もろあい #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |