38週

►2011/12/22 00:57 

あっという間にここまできてしまった。
もうすぐ39週に入る。

姫は予定日よりも1週間遅れて3340グラムで産まれた。

今回は37週の時点で推定体重が3300グラム・・。


推定体重はあくまで“推定”であって
かなり誤差が出る場合もあるとはいえ、
現時点で3300グラム越えはちょとびびる。

36週の検診から1週間で2キロ増やしてしまって
前回の検診で担当に驚かれてしまった。
怒られはしなかったが、
「来週はあまり増やさないで来てね」と言われてしまった。

確かに食べものに気を回さずに食べていたとはいえ、
特別「○○をした」という体重増加原因が思い当たらない。

ということで、前回の検診後から食べ物の摂取に気を遣って過ごしてる。
「これを食べるならこっちの方がカロリー低いかな。」とか
「もう少しでお昼だし我慢しよう」とか。

これってかなーりストレスがたまる。
食べたいものを食べたい時にもりもり食べたい!!!と思った。

授乳が始まればそれも叶うはず、と思い
今週はちょっとだけ我慢することにした。

つわりで食べられなかった時のことを思えば贅沢な悩みなんだけどさ。


姫の時の母子手帳を開いてみた。

同じ週数で見てみると、腹囲は4センチほど大きく、体重は2キロほど重かった。
やっぱり大きいのね・・。
出す側としてはちょっと恐ろしくもあるが
経産婦ということで前回よりはスルっと出てきてくれることを願うしかない。


赤ちゃんの名前だが、お七夜で使う命名書にもう書いてしまった。

赤ちゃんと対面してから確定させるつもりだったが、
今日お習字のレッスンだったもんで
先生からレクチャーを受けながら書き込んでしまった。


数ヶ月前、
名字に合わせて、画数のよいもので響きや好きな漢字を使った名前を
12~15リストアップした。

その中で姫が
 『姫ちゃんこれがいいー。』と選んだ名前なのだ。


割と画数が多い名前の中で、画数が割かし少なくみえたので
目に留まったんだと思う。
名前の位置を変えたりしてもかなりの確率でその名前を選んだ。

また、名前の横にふりがなをうっていたのだが、
姫の名前にもあるひらがなが入っていたから選んだと思う。

そうこうしているうちに姫がその名前で呼ぶようになってしまった。


最初はまだ確定させたくない、という思いから
姫が「○○くんは何て言ってるの?」と聞いてきても
「赤ちゃんはね・・」とあえてその名前を使わずにかわしていた。

が、ここ1ヶ月で完全にその名前に慣れてしまって違和感も感じなくなってきた。
ついに姪っ子も
 『もろあい姉ちゃんのお腹の中には○○くんがいる』と言い始めた。

先日旦那の実家のあつまりで義母が甥っ子達にもその名前を公表したし、
姫は他の名前に違和感を感じるらしくその名前以外譲らない。

こういう経緯もあってきっと
赤ちゃんと対面して「この名前じゃない気がする」とか考えることもないだろうと思い
姫の選んだ名前を命名書に書き込むことにしたのだ。

漢字の意味自体は割りといい感じ。
響き的には勇ましいというよりはやさしい感じ。
イニシャルは姫と同じになった。

息子はお姉ちゃんが選んだ名前、気に入ってくれるかしら?


テーマ : 妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル : 結婚・家庭生活

妊娠生活(第2子)Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |