カレンダー

►2012/02/10 17:51 

父はカレンダーが好き。
そこかしこに貼っている。

実家は両親と祖母の3人暮らし。
家は狭いのにカレンダーの数はの多いこと!
多分10はあるんじゃないかと思う。

父はどこにいてもカレンダーが目に入らないと嫌みたいが、
母はあちこち貼られているのが気に入らない。
しかし、実家は<父=法律>なんで(過去記事 2/2)沢山のカレンダーが貼られている。
おそらく、母が嫌がらなければもっと貼られているんじゃないかと思う。

2Fのトイレなんて2個も貼られいる。
父が立って用を足す時に見るためのものと
座っているときに見るためのもの。

そんなにあちこちにカレンダーを貼る意味ってあるか??と思うが、
父にそれを指摘すると「ほっといてくれ!」とばかりに猛反論される。
このやりとりは多分これまでにも数回あったと思うが
今回の滞在中にもまたこりずに指摘してしまった。

先日、脱衣所にある分電盤(ブレーカー)がじりじりいっていたので、
父が分電盤をあれやこれやといじっていた。
そして突如
「カレンダーカレンダー・・」と他の部屋から
カレンダーをもってきて脱衣所に貼り始めた。

洗面所にカレンダー?こんな湿気の多いところに?と思ったので指摘したら

 『また言う 別にええじゃないか。
  わしはカレンダーを貼って作戦を立てようとしたんだ。』と

「?」という反論をしてきた。


どうやら、カレンダーの書き込み部分に、
<ブレーカーの異音確認。>とか<ブレーカーを落としてリセット>とか
<電気やさんに電話>とかそういう予定を書き込みたかったらしい。

電気屋さんに電話して修理してもらったら半月もせずに
脱衣所のカレンダーの役割は終了してしまう。

 『別に湿気のある脱衣所にわざわざ貼らなくても、
  脱衣所から数メートル歩いたら別のカレンダーがあるんだからいいじゃない。』というと、

 『は?どこに?どこにカレンダーがあるんだ。』と
 すごい勢いで居間の方へもどってきた。

 『え?・・・ここ。電話の上。これに書き込めばいいやん。』と
脱衣所の入り口から3,4メートルのところにあるカレンダーを指差した。

 『は?こんなもん見えるか。これは電話用でいろいろ書き込むやつじゃないか。』と言った。


 『え?だからブレーカーのこともいろいろ書き込めばいいのに・・。』


 『ワシはよく曜日を間違うんだ。だから字が大き目のレンダーがいるんだ。
 電話用の小さいカレンダーなんか。』とまた
 よくわからない言い訳をしてきた。

 『曜日を間違えないために貼るの?ブレーカーの“作戦”内容を書き込むためじゃなくて?』

 『別にいいじゃないか(いちいちうるさいな)。
 歯磨きをしている時なんかに「あぁ、もう少しで竣工検査だな」」とか
 考えたりするのにあると便利なんだ。』

 『まぁ、(理由は)何でもいいけど・・。
  そんなにあちこち貼らんでもいいんじゃないかと思って聞いてみただけ。』


 『水墨画のカレンダーを眺めたり、動物の親子の写真を眺めたり、
  季節の写真を見て季節感を味わったりするんだ。
  (いろんなカレンダーを貼って)何が悪い。』と憤慨して言った。

これ以上いうとややこしくなると思って終了。

カレンダーをめくることによって気分を一新させたり、絵を眺めたり、
カレンダーを眺めながらこれからの予定を思案するのが好きらしい。

それはわかってはいるが、それにしてもカレンダー多いなぁと思う。

実はこのカレンダー好きは同居の祖母も同じ。
祖母の家には日めくりカレンダーに格言カレンダー、書き込めるカレンダーに・・・と
沢山のカレンダーが小さな家にあちこち貼られていた。

親子だねぇ



当たり前だが私はこの家庭で育ったので
あちらこちらにカレンダーが貼られている環境で育った。

あちこちカレンダーがあっても違和感はなく、
むしろカレンダーを見ながらあと○日かぁなんて考えることの方が多かった。
トイレのカレンダーは当たり前の様に貼ってあったが、
そもそもトイレの滞在時間自体が短いので
カレンダーを眺めながら考えにひたことはなかった気がする。

父はよく新聞をもってトイレにこもったりするので
トイレであれこれ仕事のこと等を考えたりする時にはカレンダーは必須なのかもしれない。


そもそも・・・というか疑問なのだが、
トイレに20分も30分もこもる人って、
パンツも下げたまま便座に座ってるのかしら??
ま、服を着たままというのも変だからそうなんだろうけど。

用を足した後に座ってるのか?だとしたら拭いた状態にして座り続けるのか?
それとも、出るまでに時間がかかるからそれまでの間新聞を読んだりして
時間をつぶしているのかしら??

いやぁ、他人がトイレの中で何をしているかなんて見る機会も聞く機会もないから
興味あるわぁ。






ちなみに我が家のカレンダーは一か所だけ。
冷蔵庫の横の壁部分に旦那の会社から配られるカレンダーを貼っている。
電話で話す時にもあった方がいいかな、と
一時期電話のところにも貼っていたことがあったが、
固定電話自体がほとんど鳴らないので使う頻度も低く、
気が付けばカレンダーをめくりそびれて数週間が過ぎたりしていたので撤去した。

このカレンダーは旦那が書き込むことはなく、
ほとんど私の予定が書き込まれている。
昔必ず携帯していたスケジュール帳も気づけば不要になり、
今は居間のカレンダーが私のスケジュール帳かわりになっている。

今後子供達が大きくなっていけば、子供部屋にも貼られたりして
カレンダーの総数は増えるとは思うが、
今後トイレにもカレンダーを貼ったりするようになるかしら??





テーマ : 家族日記 - ジャンル : 日記

家族Comment(4)Trackback(0) | Top ▲

コメント

<出るまでに時間がかかるからそれまでの間新聞を読んだりして時間をつぶしている>
ズバリそうです。というかナガッチリの私の場合、ことがすんでも切りのいいところまで読ん出しまいたい、パズルなら終わってしまいたいので必要時間プラスアルファ時間座り続けるのです。ヂになるよとよく言われますが、幸いまだその兆候はありません。
ちなみにうちのカレンダーは台所に一つだけ。おドイツは何かのサービスでカレンダーをもらうなんてそうそうなくて、たいてい自分で買わなければならないので一つだけです。私が座って見えるところに貼ってあります。家族すべての予定が書いてあるので、朝ゴハンを食べながらその日の予定を確認します。目に付くところにないと見ないから医者の予約とか忘れちゃうんです。今年のカレンダーはおねえちゃんが日本から持ってきてくれたわんこカレンダーです。すっごくかわいいわんこが一杯なのですが、ドイツの祝日が書いていないので時々あわてます。(←ドイツの祝日はお店が開いてないので食料はともかくトイレットペーパーとか不足したら悲劇)


No:2782 2012/02/15 16:50 | phary #nlhry96YURL[ 編集 ]

お元気ですか?

お元気ですか? 楽しく読ませていただいてます。
よくよく見てみると、わたしの家もカレンダー結構あります。トイレには三つ、キッチンには二つ、キッチンとつながったリビングには四つ、そのほかの部屋も二つずつあります。リビングのカレンダーは、一か月のもの二つ、今年一年の表型一つ、去年一年の表型が一つあります。なぁんか、必要なんですよねぇ。お子ちゃま、元気にしていますか?


No:2783 2012/02/16 10:02 | お習字の先生です #-URL[ 編集 ]

こんばんは

カレンダーの話に笑っちゃいました(^_^)
産後の体調はいかがですか?
このブログにも写真が載るのを楽しみしときます(^_^)


No:2784 2012/02/20 21:20 | 語り部 #-URL編集 ]

phary さんへ

用が済んでもおトイレで座っておられるんですね。
私は用が済んだら速攻出たいです。
スースーするからお尻もしまいたいし。

私もカレンダーは目に入るところにかけておいて予定をチェックしないとすぐに忘れてしまいます。
だからカレンダーは絶対あった方がいいけど、とりあえず自分用としては1個で十分です。一箇所集中で書き込むほうがモレがない気がするし。
祝日にお店があいていないなんて、一昔前の日本のATMみたいですね。
今は1月1日でもお店はあいてるし、コンビニだけでなくスーパーも24時間やってるところもあるし、
これに慣れちゃったら、祝日にお店がお休みなんてちょっと考えられません。そういえばヨーロッパってクリスマスに鉄道が止まったり、ランチ時間にお店が閉まったりしていたような・・。
日本は便利だなぁ。

お習字の先生です さんへ

あの・・・トイレにカレンダー3つって・・。
先生のご自宅めちゃくちゃ多いですね。

お客様に指摘されたりしません?
旦那様もカレンダー多いのがいい方なんでしょうか。

お習字レッスン再開第一回目は
カレンダーネタでもりあがりましょうね^^

2月号もなんとか提出出来ましたi-189


語り部 さんへ

産後の体調はなかなかいい感じです。
眠いですけど。
ただ骨盤がずいぶんとひらいてしまったようで、
足がなんだかはまってない感じがして歩くのに違和感を感じます。

チビの顔が新生児ニキビでぼこぼこで写真撮る気になれなかったんですが、だいぶ治ってきたので
近々写真とって載せますね。


No:2785 2012/02/21 11:33 | もろあい #-URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top |