スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

姫の反応

►2012/02/23 14:21 

姫は3歳8ヶ月でお姉ちゃんになった。

3歳になった4月に幼稚園へ入園。
そして5月に妊娠が発覚。

姫は幼稚園で過ごす中で、
お姉ちゃんになる心の準備が随分と出来た。

クラスのお友達にはお兄ちゃんやお姉ちゃん、
妹や弟がいてその存在をまず知り、
お友達のお母さんのお腹が大きくなっていって
赤ちゃんが生まれてお友達がお姉ちゃんになった過程を
間近でみることも出来た。

だから私のお腹が大きくなっていっても
 『お母さんのお腹も、○○ちゃんのお母さんみたいに大きくなるの?』と
私の体の変化にも戸惑いをみせることなく自然に受け入れられた。

幼稚園のお友達とそういう会話になるみたいで
 『○○ちゃんの赤ちゃんは今これくらいなんだって。』と両手で大きさを教えてくれたり

 『今赤ちゃんどれくらい?』と大きさを聞いてきたりした。

大きくなるお腹の中には育っていく弟がいて
4歳になるちょっと前に生まれてきて、
自分は晴れてお姉ちゃんになる、というのを
ちゃんと理解していた。

あんまり「お姉ちゃん」という言葉を連発しない方がいいのかな、と
思っていたのだが
姫は「姫お姉ちゃん」と呼ばれることがとても嬉しそうで
鼻の穴を膨らませながら誇らしげな顔をした。

姫はお父さんが大好き。

私が好きなものは理由なく姫も好きになる傾向があり、
姫をお父さん好きにするために、
 『お母さんはお父さんがだーい好きなんだぁ。
  お父さんはお母さんのお父さんよ~。(ちょびっと意地悪げに)』と
そういう趣旨のことをことあるごとに言っていた。
すると
 『だめ!お父さんは姫ちゃんの!』
と言うようになり、

気がつけば思惑以上にお父さん好きになってしまった。

今回は弟が大好きになってくれるように

 『お腹のなかの赤ちゃんは姫お姉ちゃんが一番大好きなんだってー。』と

お腹の赤ちゃんからのラブコールを頻繁に伝えていた。
しばらくすると私のお腹に耳を当てて話しかけたり
お腹の赤ちゃんも人数に入れて話をするようになった。

 『明日はお父さんがお休みだから4人でお買い物に行こうね^^』みたいに。


ここまでは順調だったが、
頭で考えている事に気持ちがついていくかはフタを開けてみないとわからない。

どんな反応をみせるかなぁ~と楽しみにしていた。


で、弟くん誕生


姫の反応はというと・・・


赤ちゃん返りをしたり、攻撃的になったり、というのは全然なく
いろいろお手伝いをしてくれたりして頼もしい限り。
弟はかわいいと思っているみたいだし、お手伝いも楽しんでしている様子。

ただ、やっぱり本人の意識していない部分で寂しさを覚えているようで、
時折イヤイヤ期のように「突然泣きのスイッチ」が入ってしまう。

先日、習い事に連れて行ってくれた母がその洗礼を受けた。
博多駅近くの地下街のど真ん中で
 『行かない!おうちに帰りたい』と
座り込みをして動かなくなってしまった。

母からは『ど、どうすればいい?』とSOSの電話が。


朝突然「今日は幼稚園お休みする」と言い始めて
着替えたがらなかったり、
やっとこさ朝玄関まで行ったのに靴を履く時点で
「やっぱり幼稚園に行かない」と言い始めたり・・。


弟が出来た環境に慣れるまでは・・と
出来るだけ寛容的に受け入れ、
なだめてなだめておだてておだてて過ごしてるが
いつまで続くのかしら・・とぐったりする。

しばらく私の精神修行が続く模様。

頑張りまーす。

テーマ : 育児日記 - ジャンル : 育児

子育て記Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。